MINI R56

BMW MINI ONE R56 ブレーキパッド交換

更新日:

初めてブレーキパッド交換してみました。
前回の車検でそろそろ交換時期だと言われてから半年以上、5000kmくらい走行してしまいましたが、まだ警告ランプは出ていませんでした。


交換パーツ

今回、交換はフロントのみです。
今までホイールの汚れが激しかったので、低ダストタイプに変更。
ネットで検索して、評判のよさそうなDIXELのMタイプにしました。

パッドセンサーは、まだ警告ランプが出ていなかったので、使い回しすることにしました。

交換作業

この車、簡易的なジャッキがついていると思っていたのですが、付属品はパンク修理キットのみでした。
ホームセンターにジャッキを買い出しに行きました。

BAL(大橋産業) 油圧式フロアジャッキ2トン 1336

ジャッキアップ

一番下に降ろしてもギリギリ入らない・・

庭に転がっていたレンガを前輪に噛ませて、、入りました。

ホイールボルト外し

ホイール取り付けボルト17mm
差込角3/8インチ (9.5mm) の細くて短いレンチしか持っていなくて力が入りません。
なので、庭に転がっていた鉄パイプで延長して、なんとか緩めました。

キャリパー、パッド取り外し

キャリパー取り外し
奥側13mm 手前15mm
運転席側なのでパッドセンサーは付いてません。
助手席側の場合はパッドセンサーを先に外します。

取り外したら、ブレーキホースが繋がっているので負荷が掛からないように、針金ハンガーで軽く固定。
パッドは上下のレールに挟まれているだけなので工具無しで取り外せます。

新旧パッド比較。残り3mmくらいでした。

パッド、キャリパー取り付け

ブレーキパッドに付属していたグリス。
どこにつけたらいいか分からず、上下のレールにほんの少しだけ塗りました。
(金属の部分に塗るので、パッド真ん中の丸い部分にも少し塗ってみましたが、どこにも接触しない部分でした・・)

キャリパーツール ピストン戻し(名称不明)というツールでピストンを押し込みます。
(ただ押し込むだけなので、専用工具じゃ無くても大丈夫そうです)

21pcs ユニバーサル ディスク ブレーキ キャリパー ツール ウインドバックツール キャリパー 押し戻し 回し戻し 対応 専用ケース付

取り付けは差込角3/8インチ、小型のトルクレンチで。
自分がネットで調べた情報では35Nm

ホイール取付

取り外しは、細いレンチしか持っていなかったので苦労しましたが、取り付けは差込角1/2インチ(12.7mm)のトルクレンチで。
大きいレンチなので楽に締め込みできました。
締め付けトルクは 140 Nm この車の取扱説明書に書いてありました。

総費用

プレーキパッド 17280円
フロアジャッキ 3980円
3/4角 トルクレンチ 2819円
1/2角 トルクレンチ 2509円
ピストン戻しツール 3010円

合計29598円

取付、1ヶ月後の感想

ブレーキの効きは、以前と違いが分かりません、よく効きます。
パッドダストは、ずいぶん少なくなりました。まだ変えていないリアタイヤと同じくらいです。

追記 その後ブレーキ警告灯が点灯したので、パッドセンサーを交換しました。警告灯が出ていない状態でもセンサーはすり減っているので、パッドと同時交換しないといけないようです。

-MINI R56

Copyright© studio Insole , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.